8/28/2014

It becomes onslaught of "Macne-ke"?



mac音家はそもそも2008年に声優の池澤春菜さん(Apple大好き)がmacでVocaloidを使いたい! と、スタートした企画、2009年3月にガレージバンド用とReason用のmac音ナナが登場、クリプトン社にmac音ナナっていう名前は大丈夫だろうかなどと問い合わせたりしていたりするところもmac fan天声姫語で公開されていたりと、全体的にものすごくユーザーに近い部分で進行していたプロジェクトだった。
2014年、ついにはマクネナナとしてVocaloid化され、mac fan天声姫語も終了、目的は達成されたものの今後どうなるのでしょう。
楽しみの一つが遠くに行ってしまうような、そんな寂しい予感がしてなりません。

ところでVocaloid マクネナナが登場したことでクリプトン社のVocaloidコラボコミュニティ、「ピアプロ」にmac音家すべてのコンテンツを登録できるようになったのです! 長い間mac音家はUTAUでもないVocaloidでもないという、見つけづらいコンテンツだったのです。 ピアプロに登録できるようになったことがmac音家のユーザーに広まれば作品が一箇所に集中して探しやすくなるかも知れません。 この後の展開が楽しみです。

わたしも早速ピアプロに登録してみました。
Closed Gardenではなく、別の名義でと考えています。まだ決まっていないのですがSugar FlowerかCandy Scienceという名義になりそう・・?


※マクネナナはVocaloidですがmac音家は音声ファイル群でしかありませんので、歌わせる事自体がスキルを必要とすることであって、わたしもまだまだ追及しているところです。UTAUやメロダインを利用した物が多いようです。わたしはまた別の方法なのですが広めようにももう売っていない製品を利用しているので。本当は技術をシェアしてより高みを目指したいのですけれども。残念です。

No comments:

Post a Comment

よろしければコメントをどうぞ。